So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

売り上げの一部を募金します [イベント]

 西日本の豪雨災害からの復興にいくらかでもお手伝いするべく、売り上げの一部を募金することにしました。詳細は以下の通りです。

1. 募金額
 2018/7/1 から 2018/7/31 までの間の、当店の「地域関連書」「震災関連書」の売り上げの半分の額。

2. 「地域関連書」「震災関連書」について
 店頭で棚を明示します。
shelf2.jpg
shelf1.jpg
 特集やフェアの関係で、一部の「地域関連書」「震災関連書」が別の場所に移動している場合もありますが、それも含みます。
 通販の売り上げも対象です。
「震災関連書」の 2018/3/31 の時点の在庫一覧はこちらです。

3. 募金先
 日本赤十字社の「平成30年7月豪雨災害義援金」。
 金額によっては、「平成30年大阪府北部地震災害義援金」に振り分けることも考えます。いくらで分けるかは状況を見て検討します。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

カドイチの百冊2018 [棚紹介]

 夏です。毎年恒例、文庫のフェアが行われております。
 ふと思い立って、フェアに参加していない当店で、フェア対象の本がどれくらいあるか見てみることにしました。結果をご報告します。「意外にあるじゃん」「出版社によってこれだけ違うとは思わなかった」というのが感想です。
・2018/7/8 12:00 現在の在庫です。
・出版社が異なる場合があります(カドフェスの項で名前があっても角川文庫とは限りません)
・古書を含みます。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

【本の籍】一覧 [棚紹介]

 2018/6 は、「本の籍」を特集しました。
 書店・古書店・図書館・出版社・装幀家など、本を扱う場所(人たち)に関するノンフィクションやルポ、そうした場所(人たち)を舞台(登場人物)とした物語を並べました。

 以下に、本の一覧を挙げます。書名の五十音順です。関心のある本が見つかりましたら、お問い合わせください。ただし、これは 2018/6/30 19:00 現在の在庫です。
 データは、「(書名)/(著者)/(出版社)」の形になっています。著者や出版社は空欄の場合もあります。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

7月の営業カレンダー [営業時間とアクセス]

 7月の営業カレンダーは以下の通りです。
1807.jpg
・15 日は五城目朝市 Plus に出店のため、店舗は 15:00 開店となります。
・29 日はお休みです。
nice!(1)  コメント(0) 

【本の本】一覧 [棚紹介]

 2018/5 は、「本の本」を特集しました。書評、ダイジェスト、アンソロジー、リライトなど、「本」をベースにした本を並べました。

 以下に、本の一覧を挙げます。書名の五十音順です。関心のある本が見つかりましたら、お問い合わせください。ただし、これは 2018/6/2 12:00 現在の在庫です。
 データは、「(書名)/(著者)/(出版社)」の形になっています。著者や出版社は空欄の場合もあります。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

6月の営業カレンダー [営業時間とアクセス]

 6月の営業カレンダーは以下の通りです。

cal1806.png

・6/17(日) は、五城目の朝市 Plus に出店するため、15:00 開店とさせていただきます。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

『次の本へ』みたび [本・雑誌あれこれ]

 以前、『続・次の本へ(苦楽堂)』に寄稿したとき、掲載に至らなかった文章を紹介しましたが、もう一つ。


名探偵募集中
『探偵になりたい(パーネル・ホール、田村義進)』から『そして夜は甦る(原尞)』へ


『探偵になりたい』については、別のハヤカワ文庫を読んだ時に、本に挟まっている新刊紹介のペーパーで広告を目にしたのかもしれないが、確証はない。人から勧められたのではないような気がする。だったら、お礼も含めてその人に感想を述べると思うのだが、この本について誰かに語ったという記憶はない。新聞や雑誌の書評でもないと思う。少なくとも、新聞で紹介される種類の小説ではないと思うし。
『そして夜は甦る』は、後の『私が殺した少女』が直木賞を取っているので、そこで作者の名前を目にしていたかもしれない。手元の本には「直木賞受賞!」というような帯はないのだが、古本屋で買ったのだとすればそれもありうる。受賞から実際に読むまでには間があったという記憶があるので、それが理由かもしれない。
 つまり、この二冊はお互いにつながっていないし、どこからこれらの本につながったのかも定かではない。実は今回、この文章を書く機会を貰い、改めて自分の本棚を眺めてみて、「なんでこれ買ったんだっけ」という本が結構あることに驚いている。
 これらは、起点にはなっている。『探偵になりたい』はシリーズ化されていて全9冊出ているのだが、それは全部買って、同じ作者の別のシリーズも読んだ。『そして夜は甦る』もシリーズになっているが、こちらは単行本と文庫本の両方が揃っている。もちろん、エッセイも読んだ。
 だが、最初は?
 麻耶雄嵩の『貴族探偵』も同様で、どういう状況で出会ったのかまったくわからない。装丁はシンプルで印象的だが、店頭で目にしたのだろうか。
 シャーロック・ホームズも全作読んだが、同じ探偵ものだ、ということは言える。しかし、ここまで何種類も探偵ものを挙げておいてなんだが、特別、探偵ものが大好き、というわけでもないので、そこに理由を求めるのは間違いのような気がする。
 ほかにも経緯不明の本がたくさんあり、どれもこれも迷宮入りしそうなのだが、誰かこの謎を解いてくれないだろうか。


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:

春は【シゴト】一覧 [棚紹介]

 2018/4 は、「シゴト」を特集しました。
 単なる仕事ではなく、「プロフェッショナル」という観点も加えた構成にしたつもりです。

 以下に、本の一覧を挙げます。書名の五十音順です。関心のある本が見つかりましたら、お問い合わせください。ただし、これは 2018/5/6 12:00 現在の在庫です。
 データは、「(書名)/(著者)/(出版社)」の形になっています。著者や出版社は空欄の場合もあります。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

5月の営業カレンダー [営業時間とアクセス]

 5月の営業カレンダーは以下の通りです。

cal1805.png

・5/3(木)~5(土) と、5/19(土) はお休みをいただきます。
・5/12(土) は、五城目の朝市プラスに出店するため、15:00 開店とさせていただきます。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

チョコレート・アンダーグラウンド [棚紹介]

 4/20 の秋田魁新報で、春の読書キャンペーンに向けた選書をさせていただきました。その第二弾で、『チョコレート・アンダーグラウンド(原題:Bootleg)(アレックス・シアラー、金原 瑞人/求竜堂)』を紹介します。
chocoug1.jpg
 ある国で、チョコレート禁止令が発せられます。
 現在の与党は「健全健康党」。
 チョコレートだけでなく、砂糖も塩も禁止。代わりに、フルーツが推奨されています。挨拶の言葉も「リンゴさくさく気分を」「ジューシーオレンジ気分を」。
 健全健康党はチョコレート探知装置を開発、違反者を見つけ出しては矯正施設に送り込んでいます。その支配に怯える人たちは、自分を守るために怪しいを人を見つけると密告もしています。
 ある日、ハントリーとスマッジャーは、バビおばさんのお店にカカオと砂糖があることを思い出しました。チョコレートが作れる!  お店の地下でチョコレート・パーティだ!

 一見、大人の強制に抵抗する子どもたちのお話ですが、それでは終わりません。
 極端な主張を持った健全健康党が権力を握ることができたのは、大人たちが選挙に行かなかったからです。
 そして、命令に従わないものの矯正、相互監視社会、密告の横行、子どもたちによる予備軍の構成、ネットの遮断、漫画の禁止などの統制は立派なディストピアです。子供向けの『1984年(ジョージ・オーウェル)』だと言ってもいいかもしれません。
 基本的には子供向けの本ですが、大人たちの一言で読み方に深みが加わるお話です。選挙権を持っている高校生にも勧めたい本です。

 山川あいじ によるコミカライズがあります(マーガレット・コミックス)。
chocoug2.jpg
 これは、小説の、ではなく、アニメ作品のコミカライズで、アニメのオリジナルキャラクターも登場します。アニメは、山川あいじ がキャラクターデザインを担当しています。
 現在、DVD を探しているところです。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:
前の10件 | -